管理人の独り言

地元で気になっていたカレー屋。ネットでの情報はわずかなブログのみ。でもどれも絶賛。営業時間は11~14時のみというプレミアム感。しかも安い。1年以上気になり続けて、やっと行くことができた。感謝キャンペーンにつき200円引き。これはラッキーと思いつつ、よく見ると閉店感謝キャンペーン。しかもこの日が閉店日。食べられずに閉店し後悔することは避けられた。店に入る。マスターと2人の熟女。客は近所の馴染みらしき熟女達。店内ほぼ熟女。カツカレーを注文。ランチタイムにも関わらず注文後に揚げる。こだわりなのか客足が読めないためか。待つこと10分弱、厚さ3cmほどのカツが乗ったカレーが運ばれてくる。一口。おいしめ。おいしいレトルトカレーぐらいのおいしさ。カツ。肉の厚さは5mmほど。残りは衣。辛さも普通。無言で食べきり。400円を支払い店を出る。背後から聞こえる威勢のいい「ありがとうございました!」はカレー以上にピリ辛。食べられないまま私の中で伝説にしておいた方がよかったのか。

管理人の独り言

弁当がおいしいコンビニに弁当を買いに行く。でも時間帯のせいか弁当売り場には弁当が2種類しかなかったので他のコンビニとは一線を画したこのコンビニの弁当をあきらめてスーパーに弁当を買いに行く。スーパーの弁当もイマイチ魅力を感じず他の弁当以外の店を探しながら歩く。定食屋、うどん屋もそんな気分ではなかったので、さらに歩き、結局行き着いたのは、出し巻きとハンバーグがおいしい弁当屋。この弁当屋に来ると、いつも出し巻きとハンバーグの弁当を注文するが、気分を変えてハンバーグと唐揚げの弁当を注文。一切れだけ出し巻きも入っている弁当なのでお得。そういえば昼も弁当だった。

管理人の独り言

近所の居酒屋跡にできたカフェが昼の弁当をはじめたので買いに行く。カウンター越しの熟女店員に声をかけて弁当を選ぶ、唐揚げ、幕の内、串揚げ、豚しょうが焼き、鶏照り焼き…。カウンター、熟女、品揃え、どれを取っても居酒屋。おまけに客はオヤジばかり。それでも美人な熟女と弁当の味には満足。
プロフィール
最新の記事
最新のコメント
過去の記事
記事検索
  • ライブドアブログ